2010年 01月 26日

パリの布街

b0012899_8413176.jpg
paris サクレクール寺院すぐそばの布街にて


卒業旅行に訪れたことのあるロンドンとパリ。あっというまに17年(笑 そのころには布に興味がなかったもので、基本の観光旅行をしたものです。ただ、母にお土産は何がいいか聞くと「買えたら布をお願い」と言われていました。「布でいいのかぁ~」なんて思っていましたが、すっかり私もそうなっていますね。今回パリでの滞在は短く、布街に宿泊してささっと見てまわることに。
b0012899_851517.jpg
どーんと目立つ存在の布デパート(勝手にそう呼んでいた)DREYFUS。外には少し安めの反物が山積み。室内はウール、リネン、コットン・・・と分類されて並んでいます。どれも布幅があって、色も素敵。最近日本でもショップさんがオリジナルで染色されたりしてかなり淡い色合いなどもありますが、パリで見るからかどれも素敵に見えてしまいます。手触り、厚みなど今までに触ったことがない布は絶対良さそうだけれども「洗ったらどうなるのだろう」ってちょっと不安に。滞在が長ければ少し洗濯してみたりできるのになぁ・・・と残念。
b0012899_91122.jpg
美しく布が並んでいるREINEには少し凝った布が多いです。こんなの見たことない!というような。ドレスやコートにしたらかわいいだろうな~って。リバティもこちらで購入。といっても日本でも買えますから控えめに・・・
右上の画像は毛糸やさん、手前がリボンなどを扱うお店。まわりきれないぐらい手芸店が密集しています。

気になったこと・・・
現地の女性、縫うのが難しそうなスカーフぐらいの薄さのさらさらっとした布を沢山購入していました。何に使うのだろう。ブラウスとか縫ってしまうのかしら。気になりました。それとシャンタン、サテンのような光沢がありドレス用?の布が大変多くて、色もとても素敵。ビーズの刺繍が入っていたり凝ったものも。そんな布で作ったドレスを着る機会が多いのかなぁ~なんて思い浮かべたりして。
[PR]

by komorika | 2010-01-26 09:08 | odekake report | Comments(2)
Commented by retromo at 2010-01-27 14:33 x
こんにちは!度々retromoです。
「うん、うん、ここ!ここ!」 って楽しく思い出させてもらっています。
はじめて行った時は、興奮して、あれもこれもと買っていたので、帰ってみたら「あれ、これ made in France じゃない~ ><」ってものもいくつかありました。REINEってフィギュアのようなお人形がいっぱいあるところですよね~(笑)刺繍のシルク地など、いかにも「フランス製」といったゴージャスな生地がいっぱいで、私も感激しました!リバティもたくさん買ったのですが、日本でも同じものがほとんど同じ価格だったりと失敗も数々。。。(別送便で送料も結構かかったし・・・泣)
次はもっと上手にお買い物できそうなので(?)rikaさんの写真をみて、「こんどはいつに・・・」ってあれこれ妄想を膨らませています♪

それから、卒業旅行から17年・・・ほぼ同世代だと思います^^
Commented by komorika at 2010-01-27 22:08
★retromoさん
コメントうれしいです。ありがとうございます。
行った事があると「うっわーんなつかしい!」ってなりますよねー
わかります!
そうそうREINEはあの独特な人形健在ですよー。あの人形でちょっと
引くものの、きれいに整理されているし、色もきれいだし、変わった布が
沢山あるんですよね!リバティも日本でも手に入るものの、ちょっと布
幅があるので「得か?!?」とか真剣にまよったり、やっぱり重さを考えて
厚みのある布は泣く泣くあきらめたり・・・。同じですね!
短大の卒業旅行でしたので現在37。おそろしい~ ははは


<< conori:January2010      旅のもちもの >>